4-1-2 研究レベルでの対応
行書の特徴を用いた書きやすさのために