4-1 研究レベルでの対応
読みやすさと書きやすさバランス
n 疲労と筆記具の持ち方
n 行書の持つ書きやすさ
のための要素