3-2 書写指導に対する問題点 社会的要求として
n 必要とされる書字能力が身に付いているか?
n 「書くこと」の学習時に、書字が障害となっていないか?
n 入試等の記述の際に、適切な読みやすさで速く書く能力が育成で
きているか?
n 大人になったとき、問題なく自信を持って書字できるか?
n 例:手が疲れる。速く書くと汚い字になってしまう。
n 日常に生きる力となっているか?
n 必要性を感じたときに学び直すことが可能な自己学習力
n 情報機器の使用とのバランスを踏まえた指導になっているか?
n 文化として尊重できる指導がおこなわれているか?
n 国際化社会に生きる日本人としての文化の理解と体験
n 読みやすさという社会性と個性の両立ができているか?
n 個性を生かす指導が重視される中で