4-2 授業実践における対応
   子どもたちの気持ちに対して
z 書写は意味がない 字がうまくなりたいと思う気持ち
n 役立つ書写であること
 (書写の授業のための書写ではないこと)
z 書写の授業は好きでない
n 楽しい授業であること
z 学校でやる必要はない・うまい子がやれば良い
n 苦手な子でも、学習後に何か残ること
n 到達できるものであること
n  子供自身の文字からスタートする書写