香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 ただ私は、学習内容をいきなり他の学習活動や日常生活に生かそうとするのではなく、基礎基本の学習と実際に生かす場面との中間に、何らかの手だてをする必要があると考えています。

 これもまた書写教科書からのコピーです。教科書の末尾には、手書きの漢字一覧表がついています。この下の部分を見ると、一年生では、「まがりがあるかんじをみつけてみよう」という指示があります。同じく、五年生では、漢字遊びをしてみようということで、同じ部分がある漢字、土という漢字を探す例が載っています。
 もちろん、これらは文字遊びとしても、楽しいものかと思います。また、漢字の知識として、扁や旁、冠などの学習にもなるでしょう。しかし、書写の学習としてはどうでしょうか。
 たとえば、筆使い・点画の学習として、まがりのある字を学習したとすれば、曲がりのある字を探す活動は、他の字にも生かすという活動につながってくるはずです。

 先ほどの例でいけば、三本以上横画がある字を探してみよう、扁と旁の高さはどうなっているかな、口が含まれている字を探してみよう、、といったことになるはずです。

 たとえばこれは一例ですが、教科書末尾の漢字表も、単なるおまけではなく活用することで学習内容を生かすための中間レベルの学習ができるのではないかと思います。実際の授業において、このような方策を用いるのはいかがでしょうか。もちろんいろいろな方策が考えられると思いますが、先生方お一人お一人の実践の中で、適切な方法がありましたら、是非教えていただきたく思う次第です。