香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 まず、整っているという点から、接するべき部分は、きちんと接する方が望ましいという前例があるはずです。

 そして、図の@から、ある程度の範囲に接すればよいという方が、書きやすいということがわかるはずです。

 ならば、口という字もそうすればよいはずですが、そうなっていないのは、Aの理由からです。すなわちある程度速く書いたときの書きやすさ、学習内容としては中学校の行書指導との関連から、来ているのです。

 こういった書きやすさについてお話ししますと、大学生などは、行書など書けなくても良いという意見を述べたりします。

 本当でしょうか。