香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次




 
 話は少しわき道にそれますが、『小学校学習指導要領解説 国語編』との関連で、持ち方を例とした合理性について触れておくことにします。

 前回、この持ち方を例に、合理性について話しました。
 どんな話だったかと申しますと、書写の教科書に載っている、いわゆる正しい持ち方をしている子どもたちが非常に少ない、いえ大人たちも非常に少ないという実態についての話でした。図では、筆記具の下にすき間ができる持ち方が、いわゆる正しい持ち方であるのに、上にすき間ができる・両方にできる・ないなどの持ち方が多いという指摘をしました。