香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 では具体的に、汎用性を考えています。

 書写の学習内容は、筆記具を持って、筆順に従い、筆使いによって点画を表し、その組み合わせで字形ができて、漢字とかなを調和させて、適切な書式と配置配列で、日常生活に伝える文書ができあがると考えることができます。

 この左の図で、持ち方や漢字とかなの調和は、非常に幅広くなっています。要するに手で文字を書くときに、持ち方の学習は必ず生きるということになります。
 広い視点で捉えたとき、この図の中で幅広い学習内容は汎用性が高いと考えることができます。