香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 一方、汎用性ということについては説明いたします。

 先ほどあげた問題点、書写で学習した内容を、他の学習活動や日常生活に意識的に生かすことが難しいという問題の解決策として、汎用性の高い学習内容という対応がありうると考えます。

 図のように、昔ながらのお習字のイメージで、「三」という字のお手本を見て、「三」という字をを練習したとすれば、極端にいって、他の学習において「三」という字がでてこないと生かすことができないかも知れません。たとえば、何らかの調べ学習において成果を掲示する、その時に、書写の学習成果を生かそうとしても、掲示物に「三」という字がでてこなければ生かさないことになってしまいます。
 一方、「三」という字を用いて、三本の横画の長さの学習をしたとすれば、図の王様の「王」という字のように、横画が三本ある字に、それを生かすことができそうです。少し、使える範囲が広がりました。
 さらに、それを複数の横画がある字、すべての字に対応できる学習内容であるとすれば、かなり多くの字に用いることができることになるでしょう。

 できるだけそうあらねばならないというのが汎用性のある学習内容ということになります。もちろん、そういった学習内容を常に生かしていく意識の学習も必要となります