香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 理解した上で、技能として定着させるということについてこの図をご覧下さい。

 時間内にそのように書けない子どもであっても、「そう書けば良いのか」と思える学習でありたいということが一つです。理解できたかどうかという段階で一つ評価を取り入れることで、その時間内に書字結果において十分な向上が図れない子どもでも、評価してあげられる可能性が増えるはずです。

 また書写学習に対する意欲関心を引き出す方法として、昔ながらのいわゆる手本が持つ美しさといった魅力や、子どもたち自身がうまく書きたいと思う気持ち・目的意識のみでなく、「ああなるほど」と納得できるような学習内容でありたいという願いがあります。この辺りは、私どもに課せられた課題といえるかも知れません。