香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 たとえば、書写の学習内容の中で文字の大きさや配列といった学習内容は、手紙を書く、ポスターをつくるといった他の学習活動の中でも、比較的生かしやすいようです。一方、個々の字形の学習などはなかなか生かしにくい、もしくは生かしていることを意識化できないといっていた問題が生じています。

 より他の学習や日常生活に生きる学力であるために、書写の基礎基本を考えてみる必要があると思います。
 また、他の人に読んでもらうという文字の社会性と、文字における個性の両立をはかるために、書写の学習内容の系統化が、一層必要だと思います。
 さらに、授業時間内に書字技能として表現できない子どもたちのために、社会にでて文字がうまくなりたいと感じたときに学び直すことができるように、理解面の対応が必要だと思います。

 これらに関して私は汎用性のある学習と、合理性に裏打ちされた学習内容ということを、考えております。この後、この辺りから基礎基本を考えみることにいたします。
 なお、社会への対応ということに関しても考える必要があるかと思いますが、情報化・国際化への対応をということにつきましては、前回かんたんに触れさせていただいておりますので、本日は省略させていただきます。