香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 試書などを取り入れることによって、自己の課題をつかむという例を、平成十一年度の紀要からコピーしました。
 
 試書した文字を見直し課題をはっきりさせるという学習内容に対し、試書と手本の拡大文字を比べて違いを発表させるという教師の支援によって、子どもたちは手本の文字と自分の文字のどこが違うのだろうと考え、右はらい・左はらい・もしくはその両方という、各自の課題を見いだそうという部分です。

 これは既に、かなり広く授業でおこなわれているといって良いかと思います。