香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 ここにあげた文章は、実は学習指導要領ではなく、中間まとめからピックアップしたものです。ただし、中間まとめは、まとめであるため、このように抜き出すのが容易であるだけであり、新学習指導要領においてもこれらの表現がちりばめられています。そのことは先生方既にご存じかと思います。

 もちろん、書写指導も、これらの内容に対応したものでなければならないはずです。国語という教科に含まれる書写は、あくまで教科ですから、総合の時間とは違います。しかし、日常生活に必要な文字を書くことに関わる書写の基礎基本を、他の教科や総合的な学習の時間、さらに日常生活に役立てるためには、書写においても役立てるという発想が必要なのです。
 
 書写において用いる毛筆は、我が国の文化や伝統として大事にすることにつながるという意見もあるかと思います。しかし、それだけではいけないはずです。最初にお話しした子どもたちの意識の問題からも、日常生活に役立つ基礎を基本を考え、それによって子どもたちが大人になったときに、学び直すことだってできる書写の力が必要があるかと思います。

 このようなことを考えて、書写はこれまでどのような対応をしてきたのか、そしてこれからどのような対応していけばよいのか、ということについて話を進めていきたいと思います。