香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 先ほどのまとめの三点目、「よしあしを見分け」「役立てること」という表現がなくなったことについて、考えたいと思います。
書写の学習において、これらが必要なくなったと解釈すべきなのでしょうか。ご推測の通り、決してそうではないはずです。

 まず先ほど取り上げた、「注意する」「理解する」という活動、意識化された学習において、「よしあしを見分け」ることは必要不可欠です。すなわち、5・6年生だけが、「よしあしを見分け」る学習活動をするのではなく、1年生から意識化された学習をおこなうのだという理解が可能になります。

 「役立てること」、書写は役立てなくてもよいのか、先に触れたとおり、子どもたちの実態はこれが不十分であるが故に書写嫌いが発生しているとも考えられましたよね。これらについて、学習指導要領全体から確認してみることにします。