香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 学習指導要領の中には、「など」「文字の形」「筆使い」という言葉がでてきます。

  一方、右の図は、先ほどの教員養成テキストから、字形の要素を抜き出したものです。

 この図を見ても、文字の形すなわち字形の中に、学習指導要領にでてくる文言である、長短・方向などが含まれることがわかります。また、点画の始筆・送筆・終筆、具体的には折れ・曲がり・とめ・はね・はらいなどは、「筆使い」の中に含まれる内容です。

 このように見ると、学習項目が減っているのではなく、上位概念にまとめられたということだと考えられます。これはどういう意味を表しているでしょうか。うがった見方ですが、学習内容の厳選という意味から、学習指導要領の文言を短くするためだという考え方もあるようです。
 しかし、ここは積極的に考えるべきで、上位概念として大まかに示すことにより、目の前の子どもたちの実態に合わせて、柔軟な対応ができるようになったとすべきだと考えます。一人一人の子どもによって、長短は得意だが間隔が整わない子がいたり、間隔が整っているのに中心がずれてしまっている子もいるでしょう。大まかな表現をすることで、その子その子、そのクラスに合わせて、柔軟に学習項目を用いていることができると考えるべきだと思います。