香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 次に、方向や画と画との間隔などがなくなったということなのかという点について、考えてみたいと思います。

 書写書道教育学会から出ている教員養成用のテキスト『書写指導小学校編』も、新しい学習指導要領に対応して、改訂されました。
 その中に、書写の指導内容の構造表があります。画面では、小さくて見えにくいと思いますが、是非ご購入いただき、ご覧いただきたいと思っています。
 上段に、知識・理解・技能・態度があり、技能の下には、姿勢・筆使い・筆順・字形・配置・配列の項目があります。もちろんその中に、方向や画と画との間隔なども含まれています。
 
 それらの項目にかける時間の多い少ないはあっても、整った字を実現するための学習項目は変わらないと考えるべきかと思います。学習すべき項目が減ったのではなく、まとめられたと捉えるべきであり、それは次のように考えられるかと思います。