香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 このような視点で、学習指導要領の言葉を見直してみましょう。
 
 「正しく」という点は、文字を書く上で最低限必要なこととなります。先ほどの図でいいますと、算数の例に近いかと思います。
 
 この「丁寧に」は、学習指導要領の解説において、「書き進む態度のこと」であり、文字について<意識化した学習>を指している旨書かれています。これについては、「注意して」ということも同様に考えられるかと思います。日常において文字を書く場合は、あたかも無意識におこなわれるようでなければなりませんが、書写学習の過程においては、問題点に気付くことがその第一点目といえるかと思います。問題点に気付き、それを是正し、習慣化するということが、学習指導要領の解説にも記されています。
 
 このように考えると、達成度の言語化や数量化が難しい質的向上をはかる教科においても、注意して問題点に気付き、それを是正し、その結果として整った字が実現でき、読みやすく書ける、繰り返しの段階が見えてくるはずです。

 また、理解という点に着目したとき、私は右のような考え方もできると思います。

 たとえば、小学校低学年の段階においては、一字一字点線のなぞり書きなどによる、無意識の学習も必要かと思われます。その次の段階として、意識化する段階があり、さらに単純に手本と比較するだけではなく、いわゆる手本に内在する字形を整えるための要素を理解する段階があり、その理解の上で練習をおこない、整った字が書けるようになるといった段階も考えることができます。