香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 今お話しした三点について、画面まとめられます。

 確かに繰り返しは少なくなっています。しかし、5-6年生では、なくなった項目を含む上位概念である筆使い・文字の形・大きさ・配列などの項目があげられています。方向・中心などは、字形すなわち学習指導要領の表現でいえば「文字の形」にまとめられる内容です。また、画の始筆、送筆(折れ、曲がりなど)、終筆(とめ、はね及びはらい)などは、筆使いにまとめられる内容です。
 このように考えると、重複は少なくなっていますが、学習内容の厳選のために、学習項目が減ったというよりも、項目をまとめて表現したと考える方が適切であろうかと思われます。

 なぜこのように考えるのか、また「よしあしを見分け」「役立てること」の学習が不要になったのかなどの点について、続けて考えていきましょう。