香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 同様の見方で、五年生六年生も見てみましょう。

 筆使い、文字の形、組み立て方、大きさ、配列、字配り、について書き方は違いますが、同じ項目が並べられています。一年生から四年生まで学習してきた内容を、総合する項目といえるでしょう。

 後に付く言葉についても、理解して、整えて、読みやすく、と同様になっています。

 ここでとても気になることがあります。それは、平成元年版にあった「よしあしを見分け」「役立てること」という表現がなくなったことです。

 それでは、一年生から六年生まで通して考えるとどうなっているでしょうか。まとめてみましょう。

 いったい、これらの学習をしなくても良いということなのでしょうか。順に、考えてみたいと思います。