香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 それでは、社会から求められることを、新旧学習指導要領からみてまいります。書写にはいる前に、まず国語の目標についてみておくことにします。

 適切に表現するということと、正確に理解するということと順番が入れ替わっていますが、思考力、創造力、言語感覚・関心・尊重する態度などについては、変化はないようです。新しく加わった点は、「伝え合う力」ということになります。

 また、漢字の学習について、以前はその学年の漢字大体を書くことをされていたのが、新学習指導要領では、その学年の漢字については漸次書くという内容に変わりました。私はこれについて専門外ですが、クラスのすべての子どもたちがその学年に配当されている漢字すべてを書けるとは限らないという実態に即した表現になったという理解をしております。

 さて、それでは書写に関する部分についてみていきたいと思います。