香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次



 本日の主たる話題の一つは、学習指導要領をいうことになりますが、ごく簡単に子どもたちの気持ちを抑えておきたいと思います。

 左の図は、ここ数年小学生対象と書写に対する意識調査が行われておりますが、たとえば全書研の長野大会の資料などを参考にした模式図です。

 字がうまくなりたいという気持ちは、若干下がりつつも、小学校一年生から六年生まで、ほとんど変わらずにいるのに対し、書写の授業が好きという点については、小学校三年生で、これは毛筆を用いるためでしょうか、若干上がり、その後は好きという比率が五年生から六年生にかけて下がっています。

 また、私どもがおこなった中学校一年生対象の調査に関するアンケートの中で、右のような意見が多く聞かれました。
 毛筆書写が苦手な生徒は、「毛筆の日常で使うことがないから、書写には意味がない」とか、「書写はうまい子がやればよい」といったような意見を持つようです。一方残念なのは、逆に書写が得意な子は、「塾でやっているから学校でやらなくても良い」という意見を持つ子もいることです。この調査は、特定の学校でおこなったものですが、いわゆる学校の先生が介在していないという点で、生徒たちの本音がでているといえなくもないはずです。

 うまくなりたいという気持ちがあるのに、書写の授業はあまり好きではないということ、毛筆は日常生活で使わないから書写には意味がないという意見、これらに共通して感じられることは、書写の学習内容が、他の授業ですとか、日常生活の中で役立つというところまでいっていないということを表してはないでしょうか。