香川県小学校教育研究会書写部夏期研修会講演 資料
2000年7月28日
新学習指導要領と書写の基礎基本

 <- 前 | メニュー | -> 次





 私は、書写指導を考えていく上で、この図のような考え方に立っていきたいと考えております。
 
 すなわち、一方で子どもたちの実態もしくはその子どもたちが大人になったときの、そう大人の実態を把握し、もう一方で、社会から求められる、現代の手で文字を書くことの姿、そこには学習指導要領も入ると思いますが、これらを踏まえることが大事だと考えております。

 これからを話していく内容もこれらのことを踏まえ、そしてこれまでの対応と、これから対応を押さえ、そしてその中で基礎基本ということについて考えていきたいと思います。本日は、基礎基本ということを汎用性という考え方から見てみたいと思います。そして最後に、基礎基本をどう生かしていけばよいかについて触れていく予定です。